チュンの日記

試行錯誤ばかりしているチュンの日常を書かせてもらいます。

2つ目の作品、一応、完結!

↑何じゃい。これがチュンの『守護霊様』!?


 今回も、まずは、
●大塚英志著「ストーリーメーカー」(アスキー新書)
第二部、ストーリーメーカー
 です。次に進みましょう。
Q10、その結果象徴的に手に入れるもの、ないしは失うものは何でしょう。
 その結果というのは、Q9ですね。ここまで、
→「シャンプーなのにシャンプーの中身が欠けている」(=一人前ではない)主人公が、プルーム爺さんによって、異世界の中で神殿に出かけ、下級職(子供)から上級職(大人)への転職を求められる。 (Q8)
→3つの点から、達成はせず、反発する。(Q9)
 と書いて来ましたが、その結果、手に入れるものがあるとするなら、
→いわゆる「大人」ではなく、「人間」として成長する!
 なんて、ここでは、少しカッコつけて、書いてみることにしましょう。

●大塚英志著「物語の体操」(朝日文庫)
第1講、本当は誰にでも小説は書けるということ
・24枚のカードを使って100の物語を作る
 は、執筆を続けます。

 そのまましばらく走り続けると、マントルが口を開いた。
「社長のお知り合いなんですね。どこに行きましょう」
 するとヌーナは、
「私、これから、どうしたらいいのでしょう?」
 と混乱している様子だ。そこで、マントルが
「さっきの男、警察に届けますか?」
 と言うと、
「そうすべきかもしれません。あの人の身元も分かってますから」
 とマントルに名刺を手渡した。見ると名刺には「プルーム政治塾、塾生アラニン」と書かれていた。マントルは頭を抱えた。

 とします。

●清水良典著「2週間で小説を書く!」(幻冬舎新書)
第1章、小説の入口
今さら聞けない30の質問、パート1
→チュンがこれまで実際に使って来た、
「・・・」
 ですが、これは正式には、
「……」
 だそうです。今さらと言った感じですが、頭に入れて置きましょう。

 本日、
https://ncode.syosetu.com/n6238eq/
 は、最終章をアップしました。これで一応、2つ目の作品は完結です。
 ・・・まあ、これがチュンの「レベル2」の作品ですので、長い目で見ていただければ、と思います。

5章、追加しました。

↑悪い子は逮捕しちゃうぞ!


 今回も、まずは、
●大塚英志著「ストーリーメーカー」(アスキー新書)
第二部、ストーリーメーカー
 ですね。
Q9、その外的な目的や課題を主人公が最終的に達成するか否かを決めましょう。
→3つの点から、達成はせず、反発する。
→大人なのだから、仲間と社会と協調してやっていかなければならない。
↑否。
→大人なのだから、自分の食い扶持は自分で稼がなければならない。例え、それが自分の良心に反しようとも、優先するのは、心より仕事である。
↑否。
→大人なのだから、幼稚な子供時代の遊び、楽しみは捨て去らねばならない。
↑否。
 というのを、
・ストーリーメーカー2



 に入れます。

●大塚英志著「物語の体操」(朝日文庫)
第1講、本当は誰にでも小説は書けるということ
・24枚のカードを使って100の物語を作る
 は、5作目に入りました。まずは執筆。

「何て不謹慎な質問なんですか?お爺様が亡くなるだとか、お父様がいらっしゃるのに、私に皇位?。答えたくありません」
 ヌーナはそう言うと、アラニンの横を通り過ぎた。ところが、
「そんなことおっしゃらないで、答えをお願いします」
 とアラニンは迫って来る。それを避けようと、ヌーナが歩を早め、さらには走り出しても、アラニンも走って追って来た。
 ヌーナが病院の駐車場に出ると、そこにヌーナが幼い頃から知っているギュンターが見えた。ヌーナはギュンターに助けを求めようとも考えたが、アラニンが近くまで迫っていたので、咄嗟にギュンターが乗って来た車に滑り込み、慌ててドアをロックした。

 としました。とりあえずチュンが今、書いておきたいのは、
・オウム事件の自分なりの総括
 &
・リアルの昭和からイメージの平成への布石
 ですか・・・。まあ、楽しみながらやりましょう。

 この書き込み、これまで「mixi」に書いて来たのですが、今回から「チュンの日記」に移行します。
 そして、
・「高級霊にもらった30万」



 本日、第5章、追加しました。残りは1つです。

「物語」続けてます・・・

 毎回、ここで行っている「反省会」。順番ですと今回は、



 に引き続き、
◎執筆活動反省会
 ですね。・・・しかし、考えてみれば、チュンは周りに影響されやすい。
 最近、「物語」=小説など書いていたのも、
・アニメ「恋は雨上がりのように」



 で女子高生にモテてる中年男性が、小説を書いていた、というのが大きく影響してますし、さらに思い出してみれば、
・アニメ「月がきれい」



 の主人公の男の子も小説を書いていた。その2つのアニメの影響を無意識のうちに受け、ならばチュンも、となったような気がするのですが、その2つの放送が終わってみれば、
あれ?何てチュン、小説なんて書いてるの?
 という思いも強い。
 でも、今、チュンが本を読んだり、テレビを見たり、生活したり、の中で、自分が考えたことを、1つの形にするには、チュンにとって小説というのは、とても大切な手段であることも、確かです。
 まあ、2回目の「執筆活動反省会」で、早くも「執筆活動」自体が危機的状況である、と言えば、そんな感じなのですが、まあ、少なくとも、次の「執筆活動反省会」までは、これ、続けることにしましょう。・・・決して、書いていること自体が、つまらなくなった訳ではないのですから・・・。

●フェイスブック
・昭和43年(1968年)
3回目



■メキシコオリンピック開幕
■川端康成氏 ノーベル文学賞受賞
■3億円強奪事件
 ところで「アニメノート」今期の新作で、
ゲゲゲの鬼太郎
妖怪人間ベム
 が始まったんですが、初登場は、この年だったんですね。チュンは昔の作品も、今の新作も、両方見てますよ。すごいでしょ。(・・・って、単なる爺ですか・・・)。

 本日、上記の「執筆活動」では、
第4作目「教祖誕生」
 が完成。そして、2週間ぶりに、
第2作目、「高級霊にもらった30万」
 の第4章、



 を追加、さらには、第5作のカードを、



 に掲載しました。流れとしましては、
・第3作目「プルーム登場」
 が、昭和60年(1985)ベース。今回の、
・第4作目「教祖誕生」
 が、昭和61年(1986)ベースとなりますので、次は、
・昭和62年(1987)ベース
 でしょうか・・・。1



 を見ると、バブル直前、天皇がご病気で手術をされた年ですか・・・。チュンは、平成からは歴史を変えますので、その布石が必要かもしれません。

FX反省会とか・・・

↑また、出た、コイツか・・・。


 まずは今回、
◎FX反省会2018-04-08
 です。順番に見ましょう。
○ヒロセ
→通常の24時間売買
・ヒロセGBP/JPY、レベル1、保証6100円、目標8000円
307円,2464円→909円,3426円→1053円,5871円→-349円,6245円
 微増、と言う感じですか・・・。まあ、しかし、増えています。
→18時間決済
・ヒロセAUD/JPY、レベル1、保証3500円,目標5000円
145円,-1086円→434円,652円→590円,1259円→8円,-153円
 減っています。これは18時間ではダメということでしょうか?もう少し様子を見ますか・・・。
→12時間決済
・ヒロセUSD/JPY、レベル1、保証4600円,目標6000円
2224円,252円→392円,202円→319円,2216円→259円,1617円
 伸び悩んでます。と言うか、減ってます。
・ヒロセEUR/JPY、レベル1、保証5400円、目標7000円
264円,-1102円
 ここも始めたばかりです。
○外為
→24時間売買
・外為ZAR/JPY、レベル1、保証400円,目標2000円
-43円,818円→22円,989円→9円,948円→-68円,864円
 伸び悩んでます。微減です。様子見です。
→30分6時間売買
・外為EUR/AUD、レベル1、保証5400円、目標8000円
-392円,-3679円
 ここは30分で6時間を始めました。赤字のようですが、様子見です。
 外為の方は、まだ、
TRY/JPY
 が未処理です。
 ヒロセは、
NZD/JPY、EUR/USD
 がありますが、GBP/JPYがもしレベル2になったら24時間USD/JPY、EUR/JPYが伸びるようなら12時間ですか・・・。結論は、もう少し様子を見てからにしましょう。

●フェイスブック
 タイムラインへの執筆のための考察、
昭和43年(1968年)
 の2回目です。
ソンミ事件。ベトナム戦争で米軍のカリー中尉の小隊が、ソンミ村の村民109人を虐殺
東大安田講堂が占拠され、学園闘争拡大、卒業式中止
アニメ『巨人の星』が日本テレビで放映開始。「スポ根もの」のさきがけ
電話加入者が1千万人をこえ世界第2位に
小笠原諸島が23年ぶりに日本に復帰
三億円事件。東芝府中工場の従業員のボーナス2億9430万7500円が強奪される
↑と、社会的な出来事を追ってますが、考えてみれば、この年、チュンは引っ越しをしたのでした。その話題かな。

●埴谷雄高著「生命・宇宙・人類」(角川春樹事務所)
・埴谷雄高年譜
<左翼活動>
 どこまでの活動をしたのかは、文だけでは分かりませんでしたね。

 執筆、ここでも続けます。

 マントラがそう言うと、ヴィシュッダはサマナをチラリと見ると、なだめるようにしてマントラを部屋の外に連れ出した。
「あなたは確かに修行法を実践し、神に会った。しかし、それは、あなたが特別な存在だからであって、誰しもが成し得ることではありません。誰しもができる修行法の開発は、今後、我々も参加して行います。でも、大事なのは、あなたが自らの修行法で神に会った、その事実ではないのですか?あなたには特別な存在として、人々を神へと導く、使命があるのではないのですか」
 廊下に出ても、ヴィシュッダの声は、サマナの耳に響いた。そこで、サマナ自身も危機を乗り切るための善後策を思案し始めた。

 といった感じですか・・・。少しくどい感じもしますが、まあ、これで何とか最終章に進めましょう。

ココログを改編・・・

↑桜も終わりましたね・・・。


 ここでは、まずは、
・枠組み確認



 で行った、
◎ネット生活反省会
 の続きをやりましょう。各活動の棲み分けは、
・yahoo!ブログ→「真理の探究」の科学分野
・ココログ→「真理の探究」の科学ではない分野。「ロト6」を通じて真理を探る。
・mixi日記→ここは「物語」活動に特化。
・ココ→「お金儲け活動」も含め、チュンの幅広い活動を紹介。
・FC2→それらのベースページ
 に加え、
・T's→物語のベースとなる読書ノート等
 というのもえあるのですが、それも含めて、頑張りましょう。
 ただ、この中で少しテコ入れしたいのは「ココログ」ですね。「ロト6」をやってると、記事が、
予想しました→ハズレました
 のワンパターンになってしまいます。これでは読んでくれる人はもちろんですが、書いてても面白くも何ともない。少し考えましょう。
→まずは「ココログ」のタイトルを「ナンバーズ&ロト研究所」から「不可思議倶楽部」に変えましょう。これから「ロト6」の予想&結果は「ウェブページ」でやることにしましょう。←「ブログ」名、変更しました。
→枠組みを3段にし、左に「アニメノート」、右上に「カラオケ」、さらに、今後、「ツイッター」のアニメ番組別をその下に書き込むことにしましょう。←今の段階では書き込むものがありませんが・・・。
↑まあ、

 は徐々に改造していきます。

●フェイスブック
 今回は、
・昭和43年(1968年)
 の第1回、



 です。
01/09 マラソンの円谷幸吉選手自殺。
03/16 南ベトナムのソンミで米軍による大虐殺事件おこる(ソンミ事件)。
03/30 日本テレビ系でアニメ『巨人の星』(梶原一騎原作)が放送開始。
06/17 東大、当局に反対し安田講堂など占拠の医学部学生に対し、機動隊を導入。
07/01 郵便番号制スタート。当初の番号記載率は56%だったが、昭和63年には96%に達する。
11/07 反日共系学生4300人、安保粉砕・沖縄闘争勝利を叫び首相官邸乱入。
12/10 3億円事件。東京府中市で白バイ警官に変装した男が現金輸送車を奪い逃走。
50年時効成立。
12/29 紛争中の東大・東教大、44年度の入試中止を決定。
↑よく見れば、激動の1年ですね。チュン、3億円事件って、チュンが生まれる前の事件かと思っていたら、・・・しっかり生まれてました。チュン、年寄りでした・・・。

●埴谷雄高著「生命・宇宙・人類」(角川春樹事務所)
・埴谷雄高年譜
<同棲・結婚>
 逮捕・ルンペン生活までしたのですね・・・。

 執筆です。

 独学室のランコーンが死んでいるのが分かったのは、翌朝のことだった。倒れているランコーンを発見したマニプーラが救急車を呼んだ時には、もう手遅れだった。不審死ということでその場で警察も呼ばれ、お昼近くになって、事情聴取・簡単な検死の後、彼は突然死であり、事件性はないと判断された。

 としましょう。