チュンの日記

試行錯誤ばかりしているチュンの日常を書かせてもらいます。

今日も家に・・・

 

 なかなか風邪も治らず、寒い中、出かけるのも面倒なので、今日も朝、
喫茶ベニ
 でモーニングを食べた後は、家でアニメ視聴をして過ごしました。「喫茶ベニ」で、
●中沢弘基著「生命誕生」(講談社現代新書)
 という本を読んだら、そこに、シュレーディンガーの言葉として、
「生物体は『負のエントロピー』を食べて生きている」
 というのがあって、もし、それが事実なら、よく宗教の教えで、肉は食べないとか、殺生はいけないとかありますが、「負のエントロピー」ということなら、動物も、植物も、栄養剤だって、それらを食べるということは、すなわち「負のエントロピー」を摂取し、消化して高度化し、人間の組織を作るという意味では同じなんだな、と思いました。
 でも、実は、上記の本を読むのは、2回目なんですよね。1回目は面白くて夢中で読んだはずなのに、読み終えたら頭の中に何も残っていない。
 そこで今回は、「生命誕生」ということに、もう少し理解を深めたいと、もう少しゆっくりと読んでます。

 今回も、ブログ、いろいろとイジりましたが、・・・何かよく分かたなくなって来ました。ここは日記として、1日の反省ができれば、それでいいかな、って気がします。