アニメノート

アニメ大好きですので、アニメの感想などを書いてます。
これまで以上に、アニメが楽しめれば、と思っています。

新作アニメ大賞は「昭和元禄落語心中」!

・2016-02-06
「この素晴らしい世界に祝福を!」
 肩の凝らない面白さでは、これが今期一番の作品ですね。後は基準に何を重視するのか、ですか。もう少しかんがえましょう。


・2016-02-07
「牙狼-紅蓮ノ月-」
 今回は主人公が変わってましたね。紅蓮ノ月、不気味です。


「亜人」
 興味深いアニメであり、次も見たいとは思いますが、見て、爽やかな気持ちにはなりませんね。全体が、胡散臭い、と言いますか。・・・まあ、今後の展開を見ましょう。


「GATE自衛隊、彼の地にて、斯く戦えり」
 どうなんでしょう。自衛隊が2匹の竜を倒すのを見て、変な感動をしてしまったのは何故でしょう。まあ、チュンは、魔法も使えませんし、空も飛べませんしね・・・。ホントの自衛隊も、こんな風だといいですね。


・2016-02-08
「昭和元禄落語心中」<涙>
 何でしょう、音悪もたまりませんね。見ているだけで涙でいっぱいになってしまう作品って、そんなにあるもじゃありまえん。やっぱ、今期の「アニメ大賞」は、これですね。昭和生まれのチュンが選ぶのですから、これしかないでしょう。
「芸の肥したって、毎日食ってりゃ、もたれちまうよ」<セリフ>
 面白いです。


「金田一少年の事件簿R」
 事件解決は次回のようですね。楽しみに待ちましょう。


「名探偵コナン」
 まあ、これはこれで、それなりに面白いです。


・2016-02-09
「ルパン三世」
 わずか30分で、これだけの面白いエンターテインメント作品が表現できるなんて、それだけでもすごいですね。


「ハイキュー!!セカンドシーズン」
 バレーボールの試合って、チュンのような小心者には無理ですね。胃が痛くなってしまいます。でも、やっぱ、負ければ、悔しいですね。チームメイトに認められないのも、悔しいですね。いろんなことを考えさせてくれるアニメです。


「ワールドトリガー」
 これも地味だけど、見逃せない1本です。


・2016-02-10
「リルリルフェアリル~妖精のドア~」
 新番組なので録画して見たのですが、これがまた面白いから困ってしまいます。


「魔法つかいプリキュア!」
 これも面白いですね。「魔法学校」、トキメキます。


★新作アニメ大賞「昭和元禄落語心中」
 古き良き昭和を知る世代には、たまらない、見ているだけで全編、涙でいっぱいになってしまう、珠玉のアニメです。題材が「落語」というのも、子供の頃から少しは「落語」に親しんで来た世代には、心に響きます。

☆憧れの女性キャラ、みよ吉(「昭和元禄落語心中」)
 雨の中、八雲を追いかけて来た、みよ吉。「稽古があるから」と素気無くする八雲に対し、八雲が手にした傘に入った、みよ吉が言ったのが、
「もう、ここから出られないの」<セリフ>。
 この強引さと、色っぽさが、何とも魅力的で、憧れてしまいます。
☆愛すべきタバコキャッラ、助六(「昭和元禄落語心中」)
 彼の持つ自由奔放さと、落語に対する強い情熱、周りの人に対する気遣いは、見ていて心が明るくなります。主人公・八雲と対照的な性格で、主人公との日頃の言葉のやり取り、掛け合いも、この作品の大きな魅力となっています。