チュンの日記

試行錯誤ばかりしているチュンの日常を書かせてもらいます。

物語再考・・・

↑明るい写真ですが、撮影したのは夜中です・・・。


 今回も、一応、
●大塚英志著「ストーリーメーカー」(アスキー新書)
第二部、ストーリーメーカー
 から、
Q12、主人公と敵対者の価値観や考え方はどう違いますか?
 ですね。でも、これは、まさに「Q9」で書いた通りですね。次の設問を見ましょう。
Q13、主人公の傍らにいて目的達成を助けるキャラクターは誰ですか?
↑これ、原作では「コロコロマン」というキャラだったのですが、今回は枠組みを大きく変更してしまいましたので、このままでいいのか、難しいですね。・・・何か、順番に進めてますが、一向に物語が明確化しませんね・・・。

●大塚英志著「物語の体操」(朝日文庫)
第1講、本当は誰にでも小説は書けるということ
・24枚のカードを使って100の物語を作る
 ここでは、
●後木砂男著「小説のコツ」(彩流社)
 の参考文献を「ブックオフ」で探してみましょう。
・「読ませる技術」(山口文憲、マガジンハウス)
 登録しました。

6-3
 物語中断の理由は2つあります。
 1つは、次に描くのは「イスアの死」だったのですが、チュンには、まだ、それを描くほどに「奥さんの死」の総括ができていない、こと。
 もう1つは、そもそもチュンが物語を始めたのは、たくさん読んでいる本や、たくさん見ているアニメなどで得た「入力」を、自分なりに「出力」することだったはずなのに、それが「出力」ではなく、単に「物語を書く」ということに終始してしまっている、ということ。それでは意味がありません。
 そこで考えたのが、今回の試みは、一応、第5作で終了して、物語を再スタートさせることです。そして、そのためには、今一度、「入力」と「出力」をしっかりと見据える必要があります。
 それを順次、やることにしましょう。
 行うのは、T's、mixi、ココログ、真理の探究ブログ、ゲームコーナー、カラオケコーナー、それに、ココ、今一つはアニメノートでしょうか。最大限8つを考えてみましょう。