チュンの日記

試行錯誤ばかりしているチュンの日常を書かせてもらいます。

昭和42年完成・・・

↑メガネ写真が多いです。


◎株反省会2018-04-04
 毎日少しずつやっている、
パターン予想用プログラム
 ですが、昨日の時点で10+1の指標を、
2018-04-03,8698,マネックスグループ(株),C-F-F-F-F-F-F-D-F-F-F
 という形でパターン化するところまでやりました。後は、このパターンをどのように利用するのか、という点ですが、これは現状の予想プログラムと別個にするのではなく、現状のプログラムで出している評価ポイントを、このパターンと符合するものについては、一致数を掛けた値を最終的な購入判断のポイントにするなど、今のプログラム+αの形にしようと思います。目標は、
日足の値上がり率1位の銘柄を予想で的中させる!
 ですので、それに向けて頑張りましょう。

・フェイスブック
 昭和42年(1967年)、チュン、小学校3年生ですか・・・。
 ところで小学校の通知表って、最初は「よくできました」とか「たいへんよくできました」とか、でしたよね。それが、2年生か3年生になると「5段階評価」になるのですが、いつなのか忘れましたが、チュン、一番最初の「5段階評価」の通知表、
オール3
 だったんですよ。そしたら、父親に、
「物事は真ん中くらいが丁度いい。良かったね」
 ってホメられたんですよ。チュンも、それに納得して「良かったな」なんて思ってたんですけど、まあ、自慢じゃないですが・・・って、全然自慢にもなりませんが、やがてチュンの成績、上がってきたんですよね。3とかよりも4とかの方が増えて来た。すると、父親、全然ホメてくれないんですよ。と言うか、見ようともしない。
 それが子供心にも理不尽で、悲しくて、もう学校なんて行きたくないな、なんて思っていたのが、ちょうど、この頃でした。でも、もうダメだ、と思っていた時、転機が訪れました。それは家の引っ越しだったのですが、それは昭和43年のことになりますので、今回は、ここまで。

 これを「フェイスブック」に書き込みました。

●埴谷雄高著「生命・宇宙・人類」(角川春樹事務所)
・埴谷雄高年譜
<演劇青年>
↑二面性があった、というお話が書いてありました。

 執筆、続けましょう。

 マントルが快諾すると、ゴンチャロフは安堵の表情を見せた。
「学者にとって、宗教は研究対象です。特定の宗教に肩入れはできません。にもかかわらず私は少しマントラ氏に興味を持ちすぎてしまいました。あなたに仲介していただけると、うれしいです」
 ゴンチャロフはギュンターにも挨拶をして帰っていった。

 としますか。ここで「節度」というキーワードを使いましょう。