チュンの日記

試行錯誤ばかりしているチュンの日常を書かせてもらいます。

2作目を考える・・・

↑「桜の季節は、すぐそこですね!」


◎「競艇」反省会2018-03-12
 本日、
・なごや七福神巡り


 の2巡目で、
えびす様
 の、
笠寺観音
 行って来ました。
 前回、行った時は、正直、どこに「えびす様」がいらっしゃるのか分からなかったのですが、今回は、ご朱印を押してもらう時、
「ところで、えびす様は、どこですか?」
 と聞いて、ちゃんと「えびす様」にご挨拶して来ましたよ。
 実は、チュンのやっている「競艇」予想で、現在、唯一実戦購入しているものに、
全体予想、8番目
 というのがあるのですが、この予想を明日から、
えびす予想
 と名付けることにして、今回、「えびす様」の前で、「そういうことですので、よろしくお願いします」と言って来ました。
 ということで、明日からも頑張りましょう。

●埴谷雄高著「生命・宇宙・人類」(角川春樹事務所)
・手紙にならない手紙・・・鶴見俊輔
↑・・・意味が分かりません。意味が分からない人のお友達は、意味が分からない人なのでしょうか・・・。
↓執筆は、
 流れたメロディーは「人魚の歌」。マントル一家はそれから、このメロディーに乗って、白亜国のあちこちを取材旅行することになる。クリープは車の中でおとなしく眠る女の子として成長する。ミンミンパパになりたかったマントルの夢は、叶ったのか・・・。ただ、イスアと一緒の時間は、しっかりと刻まれていった。
↑です。

 物語第2作目は、
1、主人公の現在→「清楚」の逆
2、主人公の近い未来→「知恵」の逆
3、主人公の過去→「誓約」
4、援助者→「善良」の逆
5、敵対者→「理性」の逆
6、結末→「節度」の逆
 ということで、<「清楚」の逆>の主人公が、過去の<「誓約」>のため、さらには敵対者の<「理性」の逆>のために、近未来<「知恵」の逆>という状況の陥ってしまう。しかし、援助者の<「善良」の逆>の助けもあって、最後は<「節度」の逆>という結末を迎える。
 なのですが、今回の留意点は、
→援助者が<「善良」の逆>というのは、すなわち「悪」とか「悪い奴」ということで、・・・「悪」に助けられる物語?
→そしてその援助者と逆の立場、敵対者が<「理性」の逆>というのも、・・・理解に苦しみますね。
 ちなみにカードの重複で考えますと、
→今回の主人公<「清楚」の逆>は、第1作では援助者イスアの<派手派手>というので逃げましたが、今回はどうでしょう。
→近未来<「知恵」の逆>は、第1作では結末の中に、これも少し強引に、
「でも、やっぱり行けないよ。これで事故ったらバカだよ」
 の「バカ」と入れたのですが、・・・どうでしょう。
→敵対者が<「理性」の逆>というのは、第1作と同じです。第1作ではプルートの言葉を「感情的」と表現することでお茶を濁したのですが、今回はどうしましょう。
 前回のお話は、1955年生まれのマントルが26歳でしたので、1981年換算の出来事でした。とすると、そこから2.3年、1983、1984年くらい。
・1983年の日本

・1984年の日本

 ですか。まあ、ゆっくり考えましょう。