チュンの日記

試行錯誤ばかりしているチュンの日常を書かせてもらいます。

スマホでお勉強・・・

↑応援、ありがとうございました。・・・出てませんが・・・。


◎株反省会2018-02-26
 チュンの新プログラムが好調なのか、今の日本、何を買っても、そこそ株は調子がいいのか、
持ち金
 が、このところ増えて来ましたね。でも、新プログラムの中でも、早くも大赤字の銘柄がありますので、チュンのプログラムの評価も難しいところです。
 まあ、しかし、前回、
●その日の予想で出た銘柄が、過去20回の間に、1位上昇した銘柄の場合は、購入は回避する!
 という取り決めをし、今回も、
●1日に行うのは、「売り」か「買い」、どちらか1つにする!
 という取り決めで、売買の速度を敢えて遅くしたのですが、この流れが一区切りできたら、いよいよ次の段階、
週足による「株式ミニ投資」
 というのも考えてみたい、と思います。
 まあ、当面、日本経済が好調に推移することだけを願いましょう。

●埴谷雄高著「生命・宇宙・人類」(角川春樹事務所)
・火星、わが故郷
 埴谷氏はある意味「夢想家」なのですが、今の科学の進歩は、埴谷氏の夢想をも現実化しつつあるようです。
●埴谷雄高著「死霊Ⅰ」(講談社)
 は2ページだけ読みました。それで目一杯です・・・。

 せっかくスマホにしたのだから、話題の「英話アプリ」でもやってみようと、
・Duolingo
 というのをインストールしてやり始めたのですが、最初の設定を間違ったのでしょうか、出て来る問題が、
He is a boy.
 とか、
I am a man.
 とか、こんな感じ。これじゃ、まともに英会話ができるまでに何十年もかかるぞ!と思い、やめたのですが、ひょっとして英語じゃなくて中国語なら、この程度でも十分かなと思い、設定を中国語に変えたら、・・・何故か、中国語は、
英語→中国語
 というものしかないみたいで、問題が英語で出て来ます。まあ英語と言いましても、
ニーハオ→Hello
 とか、そんな程度なのですが、時々、その「Duolingo」から何かの連絡メールみたいのが入るのですが、ううう、それが何が書いてあるのか分かりません。
 スマホの場合、アプリの解説ページが全部英語なんてことも結構あって、やっぱ、問題は英語ですね。
 英語、チュンだって6年以上は勉強したはずなのに、一体、何をやっていたのでしょう・・・。